2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すし哲(塩竈)
DSCN1121.jpg
塩竃へお寿司を食べに行ってきました。
前回「やわらか煮たこ」に感動した「すし哲」さんへ。



DSCN1125.jpg
特上にぎり。3150円だったと思います。
やっぱり本まぐろの大トロは、とろける美味しさで満足×2♪




DSCN1126.jpg
今回はお味噌汁を注文しなかったらお吸い物がついてきました。



DSCN1131.jpg
まぐろが美味しかったので、まぐろのお刺身をいただきました。




DSCN1134.jpg
店内に貼ってあるにぎりのメニュー。
読んだら絶対に追加で食べたくなりますよね(笑)



DSCN1135.jpg
ということで追加でいただいたのは、巻物、たこ、ホタテ、こはだ、えびみそなど。
えびみそも濃厚で美味!



DSCN1142.jpg
あじや、小柱など。



DSCN1145.jpg
前回のデザートは苺シャーベットでしたが、今回は葡萄のシャーベットでした。
このシャーベット、どうやってつくっているのか、とても美味しいんです。


DSCN1141.jpg
まぐろの産地が貼ってありました。
わたしたちが食べたのは、どちらのだったのかしら。



DSCN1122.jpg




DSCN1120.jpg
夕方5時ごろに行くと、お店は並んでいなくて、すんなりと入れます。
お昼に行くと混んでいてカウンターを狙えないのでこの時間帯がおすすめ!
今回も親方の目の前でお寿司をいただけてよかったです。


DSCN1147.jpg
お寿司をいただいた後はお買いもの。
お隣に魚介類の販売所があるんです。



DSCN1146.jpg
ま、まぐろの頭・・・。



DSCN1148.jpg
このあさりがとっても大きくて美味しかったです!!
スーパーでは買えません。。


DSCN1149.jpg
牡蠣です。



DSCN1150.jpg
「牡蠣2つで300円!」とのお店の方の声に・・・
「どうやって殻をあけたらいいか分かりません。。」というわたし、
その場で食べられるように、殻をむいてもらい食べてきました(^^)

秋刀魚などもスーパーでは売っていない大きなものを買うことができました☆


すし哲
宮城県塩釜市海岸通2-22
022-362-3261

平日 11:00~15:00 16:30~22:00
土・日・祝 11:00~22:00
定休日は木曜日(祝日は営業)



       にほんブログ村 グルメブログ 東北食べ歩きへ
グルメランキングに参加しています!
よろしければポチっと応援クリックお願いしますo(^▽^)o
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

ぽんちゃんさま♪

お寿司、食べたくなっちゃいますよね~!
わたしも自分で撮った画像を見ながら、何度も食べたくなっています。。お寿司、写真から取り出せればいいのに・・・(ハハハ)

えぇ~!!やはり30分待ちでしたか~!
3時くらいまでは行列ですよね~!わたしも以前は並んで待っていましたが、お食事の時間帯を外して夕方4時半とかの時間帯に行ってみたんです。
そしたら、お店の前に行列がなくて行列がないならないで不安で不安で・・。
「えっ??ここまできてまさか準備中?!」ってなりましたよぉ~(笑)

わたしはまだ3階には行ったことないです!広いのでしょうか?
お寿司をいただくときはカウンターに座るのがいいですよね。沢山の新鮮なネタと親方の職人技を見ながらお食事できるのは嬉しいですぅ。
次に行かれたら親方の前に座れるといいですねっ☆

うわーおいしそう!
わたし以前お伺いした時は30分くらい行列でしかも3階でしたー。
親方の前で召し上がっただなんてうらやましーです!
わたしも夕方行ってみます!貴重な情報ありがとうございます。
うわーこんな時間なのにお寿司食べたくなっちゃいました(笑)
『Welcome!』

郡山 華子

Author:郡山 華子
福島県郡山市在住

当ブログの古い記事の中には移転、または閉店したお店もございますのでご注意くださいませ。

また味覚や感覚は人それぞれ違いもございますので参考程度にご覧いただけたらと思います♪

ランキング参加中デス↓
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
アクセスカウンタ
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。